山口県宇部市のかわむら歯科へのイベント情報

無料メール相談

予約

イベント情報

第4回 かわむら歯科夏祭り

第4回 かわむら歯科夏祭り

第4回 かわむら歯科夏祭り 今年も快晴の中、かわむら歯科夏祭りです。

かぶと虫プレゼント、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい、かき氷、いらっしゃってくれるお客様をもてなす為にスタッフ一同準備しました。

第4回 かわむら歯科夏祭り 我が家のこどもたちと一緒にかぶと虫を藤山校区の中山方面に採集に出掛け、メスが卵を産み、幼虫になり、さなぎになり、成虫になっていくのを毎年楽しんでいます。

かえった成虫がどんどん卵をうみ、だんだん数が増えてきたので、3年前から患者さんにプレゼントしようと考えて、夏祭りを企画しました。

毎年少しずつ内容を変化させていますが、かぶと虫プレゼントは夏祭りのメインとなっています。

今年は朝10時と昼から16時と2回開催です。
朝6時頃から準備を始めました。

毎年何人の方が来場するのか、予想出来ません。
また、かぶと虫は生き物なので、7月29日に何匹成虫がいるのか当日までわかりません。
400匹近い幼虫たちから、350匹成虫になり、当日までに150匹減って、200匹用意しました。今年は7月15日前後が一番数がいました。

来年以降は15日前後にかわむら歯科夏祭りを開催しなければと今年は本当に感じました。
(研修会などキャンセルすれば良かったと後悔です。)

第4回 かわむら歯科夏祭り 9時前から時間を勘違いしていらっしゃる人がいたりしました。

今のかわむら歯科のスタッフは皆さん夏祭りが初めてだったので、段取りが悪かったこともあり10時前にようやく態勢が完了です。

受付が終わり、私の挨拶、かぶと虫の育て方の説明を皆さんの前で行います。
カブトムシの育て方の要点は

  1. 昆虫マットの量を出来るだけたくさん。(容器の8分目くらい)
  2. 餌は昆虫ゼリー(スイカの皮などは、お腹を壊します)
  3. 水分は十分に(昆虫マットを湿らせる)
  4. メスが卵を産んでから1カ月はマットを触らない
  5. 来年の5月には2リットルペットボトルに移して個別に飼う
  6. 5月以降は水分が多くならないように、マットをやや乾燥気味にする。

これだけのことが出来れば来年は30~40匹のカブトムシと遊べますと解説しました。
私も400匹の幼虫から350匹の成虫でした。

失敗の原因は水分の管理の失敗でした。
ちなみに私は幼虫は衣装ケースで飼育しています。

カブトムシの飼育の説明の後、順番はくじで決めました。
駐車場に張った蚊帳の中に放しているカブトムシを手で捕まえて取っていきます。

触れないお子さんには手伝ってあげて捕まえました。

第4回 かわむら歯科夏祭り かき氷も同時にスタートしました。

今年はいちご、レモン、マンゴー、メロンと揃え、何回もおかわりする人もいました。スーパーボールすくい、ヨーヨー釣りも皆さん、楽しんでやっていました。

晴天の夏の暑い日曜日、かわむら歯科に集まっていただきありがとうございました。

第4回 かわむら歯科夏祭り また、スタッフも汗だくで来場者をもてなしました。

それから、当日お手伝いに来てくれた宇部フロンテイア大学付属中学校2年生3名もありがとうございました。

来年もかぶと虫をしっかり育てて、夏祭りを開催いたします。

院長ブログ、スタッフブログ、院内掲示、院内新聞かわむらばん等で告知します。
来年の7月中旬に、またお会いしましょう。