山口県宇部市のかわむら歯科への納涼まつりのお知らせ

無料メール相談

予約

イベント情報

かわむら歯科からのお知らせ

かわむら歯科 納涼まつり

かわむら歯科の「納涼際」は歯科医院の夏のイベントして、近隣の方に夏を楽しんでもらい、また子供たちに歯医者さんのイメージを変えてもらうために開催をしました。
なんと近隣の方が200名もお越し下さいました。
当日、ご参加を頂きました住民の方、本当にありがとうございます!

8月1日(土)にかわむら歯科『納涼際』を大好評のうちに開催しました!
「かわむら歯科」では近隣住民の方に向けて夏のイベント『納涼際』に、なんと200名の方が来て下さいました! みなさん、本当にありがとうございます!

かわむら歯科の「納涼際」は歯科医院の夏のイベントして、近隣の方に夏を楽しんでもらい、また子供たちに歯医者さんのイメージを変えてもらうために開催をしました。

当日、ご参加を頂きました住民の方、本当にありがとうございます!

カブトムシをプレゼント!

院長が1年間かけて大事に育てたカブトムシを120匹、皆さんにプレゼントしました。
院長は、日頃から子どもと一緒に、山登りをしたり生き物を飼うことなど自然で遊ぶことが大好きです。藤山地区の中山で、夏の夜、昆虫採集に出かけます。

三年前に飼い始めた時は、カブトムシ数匹だったのが、卵を産み、幼虫になり、さなぎになり、成虫に変身していきます。 その、カブトムシが今年は120匹になりました。

院長と家族が大切に育てたカブトムシを「納涼まつり」に来てくれたお友達にプレゼントしました。これが大好評です。

120匹用意したカブトムシがあっという間にいなくなってしまいました。
一年間大事に育ててきたカブトムシを手放すのは自分の子どもを手放すような気持ちになりますが、子どもたちの喜ぶ顔を見ることができて、その思いも吹き飛びました。

来年の納涼まつりに向けて、幼虫たちを、「もっと大事に育てなければならない。」と思った院長です。

流しそうめん

かわむら歯科 納涼まつり 納涼まつりのイベントで、一番楽しんでもらえたのは、「流しそうめん大会」です。

雨樋を利用して、7.2メートルのレーンを作りました。そこに、氷水でめちゃめちゃ冷えたそうめんを流して、みんなでおいしく食べました。

子どもたちが、上流に集中して、下流の人たちには行き渡らない状態になりました。
かわむら歯科のスタッフは機転を利かせて、レーンの途中からも流し始めました。

ようやく皆さんにそうめんが行き渡るようになりました。
そのうち、上流の小学生たちはお腹いっぱいになり、やっと落ち着きました。

子どもたちがすごい量を食べるので、ゆでているスタッフは大変でした。
初めてのことで、流す量、タイミングが難しかったです。

デザートは、納涼まつりにふさわしく「かき氷」を準備しました。
そうめんでお腹いっぱいになったところに、かき氷でさらに冷え冷えにしました。

いちご、レモン、抹茶、メロン、コーラ、ブルーハワイ、いろいろな味のシロップを選んで、練乳ミルクもかけて食べました。子どもたちが、何度もおかわりにきました。

FMきらら、宇部日報、読売新聞のイベント告知のおかげで、予想以上の地域の人々にかわむら歯科納涼まつりを楽しんでもらいました。
今後も地域の人々、患者さんのために、 イベント企画していこうと企画中です。

どうぞ、ご期待してください。