かわむら歯科のある宇部市の近隣の山陽小野田市

無料メール相談

予約

エリア用TOPページ

山陽小野田市

山口県南西部に位置する。平成17年(2005年)3月22日に旧小野田市と旧厚狭郡山陽町が合併して出来た。当時の人口は旧小野田市44,739人、山陽町22,047人であった。
市役所は旧小野田市役所を利用している。
南側は瀬戸内海周防灘、西側に下関市、北側に美祢市、東側に宇部市と接する。

山陽新幹線の厚狭駅、JR山陽本線の小野田駅、埴生駅、JR小野田線の各駅、山陽自動車道宇部下関線の小野田IC,埴生ICがアクセスの起点となっている。

竜王山公園(標高135、69m)は日本夜景遺産に選ばれ、桜の名所でもある。
若山公園、須恵健康公園も桜の時期にはにぎわう。また江汐公園のつつじもきれいである。
埴生駅北側の石山山頂も周防灘の眺望が優れている。
日本の夕陽百選に選ばれた焼野海岸の夕焼けも山陽小野田を代表する景勝地である。

地名として、セメント町、硫酸町、火薬町があるのも興味深いものである。
山口県立おのだサッカー交流公園のサッカー場も新しく出来た施設で、これからの活用が期待されている。

公営競技のひとつであるオートレース場が埴生駅前にある。
山陽オートと呼ばれている。かつては旧山陽町の財政に大きく貢献した時代もあった。

商業施設としては小野田サンパークがあり、大駐車場を完備して、市民のショッピングの中心になっている。